業務内容

司法書士は、司法書士法に基づき、他人の依頼を受けて、不動産登記、法人・商業登記、供託の手続について代理し、裁判所・検察庁に提出する書類の作成をすることを業としております。

当事務所は、行政書士事務所と社会保険労務士事務所を併設していますので、司法書士の資格のみでは行うことができない付帯業務・関連業務も受託することができますので、ワンストップサービスの提供が可能(注)となっております。

 

(注)次に掲げる業務に関しましては、それぞれの専門家を紹介させていただきます。

  • 訴訟や訴訟を前提とした業務(本人訴訟の場合を除く)・・・弁護士または認定司法書士
  • 税務・・・税理士
  • 当事務所で取り扱わない許認可・・・他の行政書士
  • 遺族年金を除く年金業務・労働保険や社会保険の個別の手続き・・・他の社会保険労務士

当事務所の業務

  1. 相続・遺言・後見
    相続手続き
    遺族年金請求
    公正証書遺言作成支援
    任意後見契約書作成支援
    後見開始の審判申立て
    別サイト「遺言書作成のお手伝い」のご案内
  2. 不動産の名義変更
  3. 抵当権の抹消
  4. 個別労働紛争解決手続代理
  5. 裁判所提出書類作成
  6. 会社・法人設立
    設立登記
    許認可申請
    労働社会保険新規適用届等
    就業規則の新規作成
  7. 企業法務
    役員変更・定款変更登記
    就業規則の全面改訂
    有料労務管理相談