公正証書遺言作成支援

公正証書遺言は、遺言者が公証人の面前で遺言の内容を口授し、それに基づいて公証人が遺言者の真意を正確に文章にまとめ、遺言書を公正証書として作成するものです。

公正証書遺言は、最終的には公証人が作成するものですので、方式の不備で遺言が無効になるおそれもありません。

また、家庭裁判所で検認の手続を経る必要がないので、相続開始後、速やかに遺言の内容を実現することができます。

さらに、原本が必ず公証役場に保管されますので、遺言書が破棄されたり、隠匿や改ざんをされたりする心配も全くありません。

したがいまして、公正証書遺言は、自筆証書遺言と比べて安全確実な遺言方法であるといえます。

公正証書遺言を作成するには、遺言者様が公証役場に赴く必要がありますが、当事務所は、遺言者様から遺言内容を詳しくお聴きしたうえで事前に遺言書案を作成し、それをもとに公証人と当該内容や提出書類、実際の作成日等の調整を行い、遺言者様の負担が最小限となるための支援をする業務を行っております。