「登記」の依頼先は土地家屋調査士・司法書士のみです

不動産の表示に関する登記手続きは土地家屋調査士、不動産の権利に関する登記手続きは司法書士の業務であり、土地家屋調査士及び司法書士は、それぞれ国から法律をもって業務独占の資格を与えられています。

建物を建てた本人や不動産に権利を取得した本人が自分で登記申請することができるのは当然のことですが、それを前提に、その依頼によって土地家屋調査士と司法書士は不動産登記申請の代理や書類作成を業務として行っています。

司法書士と間違えられやすい資格に「行政書士」があります。行政書士が他人の依頼を受けて登記申請の代理を行う、または登記申請書の作成を行うことは、たとえ無償であっても違法行為です。

ほとんどの行政書士が上記の違法行為に手を染めずに、行政書士業務を誠実に行っているとは思いますが、中には違法行為とは知らずに、あるいは知っていて敢えて本人申請の名のもとに申請書作成等を行っている行政書士がいます。

この行政書士その他司法書士でない者による違法行為は、司法書士法の目的である「登記に関する手続の適正かつ円滑な実施」及び「国民の権利の保護に寄与する機能」を著しく傷つけ、国民に重大な損害を与える行為であり、放置しておくわけにはいきません。

国民の皆様におかれましても、登記を土地家屋調査士、司法書士以外の者に依頼してしまうことのないようにご留意ください。

商業登記・法人登記の登記申請書作成・代理申請、裁判所提出書類作成も司法書士の独占業務であり、上記と同様です。