自筆証書遺言に関するルールが変わっています

平成31年1月13日の改正法施行により民法の遺言に関する規定において、自筆証書遺言の方式が緩和されました。

平成31年1月13日以降に自筆証書遺言をする場合には、新しい方式に従って遺言書を作成することができるようになっています。

新しい方式とは

民法第968条第1項では、自筆証書遺言をする場合には、遺言者が、遺言書の全文・日付・氏名を自書し、これに印を押さなければならないと規定されています。今回の改正によって新設される同条第2項によって、財産目録を添付する場合においては、その財産目録について自書しなくてもよい(パソコンでの作成、通帳や登記事項証明書のコピー、代筆など)ことになりました(ただし、その財産目録の各ページに署名押印をしなければならないこととされています。)。

その他の詳細な点につきましては、当事務所の遺言相談でもご説明することができますので、遠慮なくご連絡ください。

お問い合わせ・ご依頼はこちらから(メールフォームもあります)