抵当権の抹消について

当事務所では、抵当権や根抵当権の抹消の登記申請の代理業務を承っております。

住宅ローン完済による抵当権の抹消は、金融機関がやってくれるものではなく、法務局の登記官が職権でやってくれるものでもありません。

金融機関から交付された書類に一部ご自身で書き足し、申請書を作成し、申請と完了書類の受け取りのために法務局に2回足を運ぶ必要があります。ご自身での申請は、補正(更にもう一回法務局へ)や取下げになる可能性が高くなります。

また、金融機関の合併による消滅会社の抵当権であったり、書類交付がされてから日数が経ち代表者が替わっていた場合などには、法務省のホームページにある記載例や説明のとおりにはいきません。

抵当権の抹消は、是非、当事務所にご依頼ください。

よろしくお願いいたします。

料金は こちら