「司法書士の使命」について

この度、司法書士法改正により、司法書士法第1条に「司法書士は、この法律の定めるところによりその業務とする登記、供託、訴訟その他の法律事務の専門家として、国民の権利を擁護し、もつて自由かつ公正な社会の形成に寄与することを使命とする。」との使命に関する規定が置かれました。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。