婚氏続称を選択した場合の2度目の離婚の際の復氏

婚姻の際に氏(姓、苗字)を改めた夫又は妻が離婚すると、婚姻前の氏(いわゆる旧姓)に戻ります。これを離婚による「復氏」といいます。

その夫又は妻は、離婚の日から3か月以内であれば、届出によって離婚の際に称していた氏を称することができます(婚氏続称)。離婚とともに届け出ることもできます。

この婚氏続称をした人が次の婚姻(再婚)をして、再度離婚すると、婚姻前の氏(=前回の離婚前の氏)に戻ります。自ら選んで婚氏続称したわけですから、当然ながらいわゆる旧姓に戻ることはありません。

なお、裁判所の許可が得られれば、届け出ることによって氏を変更することができます。

民法(抜粋)

(離婚による復氏等)
第767条 婚姻によって氏を改めた夫又は妻は、協議上の離婚によって婚姻前の氏に復する。
2 前項の規定により婚姻前の氏に復した夫又は妻は、離婚の日から3箇月以内に戸籍法の定めるところにより届け出ることによって、離婚の際に称していた氏を称することができる。

戸籍法(抜粋)

第77条の2 民法第767条第2項(同法第771条において準用する場合を含む。)の規定によつて離婚の際に称していた氏を称しようとする者は、離婚の年月日を届書に記載して、その旨を届け出なければならない。

第107条 やむを得ない事由によつて氏を変更しようとするときは、戸籍の筆頭に記載した者及びその配偶者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け出なければならない。
(第2項以下省略)

離婚による財産分与の登記(不動産の名義変更)
福岡県久留米市の渡辺和也司法書士事務所です。当事務所では、財産分与による所有権移転登記(不動産の名義変更)の手続のご依頼をお待ちしております。どうぞお気軽にお問い合わせください。