お気軽にお問い合わせください
電話番号 0942-39-2265

お問い合わせメールフォーム

その他

その他

婚氏続称を選択した場合の2度目の離婚の際の復氏

婚姻の際に氏(姓、苗字)を改めた夫又は妻が離婚すると、婚姻前の氏(いわゆる旧姓)に戻ります。これを離婚による「復氏」といいます。 その夫又は妻は、離婚の日から3か月以内であれば、届出によって離婚の際に称していた氏を称することができます...
その他

法務局に備え付けられている「地図」と「地図に準ずる図面(公図)」

地図 地図とは、法務局に備え付けられた不動産登記法第14条第1項に規定する図面(登記所備付地図)のことです。国土調査法に基づく地籍調査により作成された地籍図(※)、土地改良法・土地区画整理法等に基づき作成された土地の所在図、法務局が作成し...
その他

新戸籍や他の戸籍に移記されない事項

司法書士は、相続登記をはじめとする相続手続業務を受任すると相続財産調査とともに相続人調査を行います。 「相続人は私達だけです。そんな分かりきったことをなぜ調べるんですか?」と言われそうですが、遺産分割協議は相続人全員で行わなければ無効...
その他

相続の手続の相談・依頼は国家資格者へ!

最近、名称に「相続」を含む民間資格者やコンサルタントが増えています。これらの者は国家資格者ではないため専門知識を欠いているだけでなく、国家資格における法律の独占業務規定に違反している可能性があります。誤ったアドバイスや手続によって被害を受け...
その他

新型コロナウイルス感染症に関連して相続放棄等の熟慮期間の延長を希望する方へ(法務省)

親族が亡くなったにもかかわらず、新型コロナウイルス感染症の影響により熟慮期間(相続の承認又は放棄をすべき期間)内に相続の承認又は放棄をすることができない場合には、この期間を延長するため、家庭裁判所に申立てをすることができます。