お気軽にお問い合わせください
電話番号 0942-39-2265

お問い合わせメールフォーム

抵当権抹消登記

「抵当権抹消登記」とは、不動産(土地、建物など)に設定された抵当権の登記を消す不動産登記法の手続のことです。

抵当権とは、金融機関は住宅ローンなどを貸す際に、借主からローンの回収ができないときのために、不動産を担保としてとりますが、その担保のことをいいます。

ローン完済による抵当権の抹消

たとえば住宅ローンを完済すると金融機関に対する債務がなくなり、当然に抵当権もなくなるのですが、不動産に設定された抵当権の「登記」は自動的に消えるわけではありません。

金融機関が抵当権の抹消の登記を申請してくれるわけでもありません。もちろん法務局が職権で抹消することもありません。

金融機関は、金融機関で用意できる、抵当権の抹消に必要な書類を最低限の範囲で交付してくれるだけです。

古い抵当権の抹消

休眠担保権とは、主に明治・大正・昭和初期の時代に設定された抵当権等の登記のことで、抵当権者が個人であることも多く、時間の経過により、その人は誰なのか、その相続人はどこにいるのかなどを調査することが難しく、登記権利者(不動産の所有者)と登記義務者(債権者・抵当権者)の共同申請では、抹消をすることができない場合があります。

登記権利者が債務を完済したという証拠書類を保有していないことも多く、その場合のために、以下の要件・方法により、登記権利者が単独で抵当権の登記の抹消を申請することができる旨の特則が不動産登記法第70条第3項に規定されています。

  • 登記義務者の所在が知れないため登記義務者と共同して権利に関する登記の抹消を申請することができないこと
  • 被担保債権の弁済期から20年を経過したこと
  • 20年の期間を経過した後に当該被担保債権、その利息及び債務不履行により生じた損害の全額に相当する金銭が供託されたこと
担保権者と共同で申請する休眠担保権の抹消
今回は、次のような登記記録の抵当権の登記の抹消についてです。権利部(乙区) (所有権以外の権利に関する事項)順位番号登記の目的受付年月日・受付番号権利者その他の事項1抵当権設定昭和1●年●月■日受付第●●●号原因 昭和1●年●月●日年賦償還

料金

料金は、こちら です。

当事務所では、この抵当権抹消登記の手続のご依頼をお待ちしております。どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご依頼はこちらから(メールフォームもあります)