相続による不動産の名義変更(相続登記)

不動産を所有している方が亡くなられた場合は、その不動産を相続人名義に変更する必要があります。

長い間そのままにしておくと、次の相続が発生し、遺産分割協議が複雑になったり、争いの原因になることがあります。

また、遺言書により遺贈があった場合は、相続人には受遺者に名義変更する義務があります。

当事務所は、相続または遺贈を原因とする不動産の名義変更(所有権移転登記)(いわゆる相続登記)の代理申請をいたします。

なお、本ウェブページをご覧になって相続登記をご依頼される場合は、その前に次の記事をお読みいただきますようお願いしたします。

遺産分割協議の前提として成年後見の申立てを