決済(取引)の立会について

売買による不動産の所有権移転、購入資金のローン契約に基づく抵当権設定及び既存の融資の借換えに伴う抵当権の抹消にかかるいわゆる決済(取引)につきましては、司法書士が立会い、融資実行等に関わることが実務慣習として行われておりますが、当事務所は相続登記及び商業登記、社会保険労務士業務に専念していること、そして、一人事務所であることから物理的に対応が困難なため、金融機関様及び不動産仲介会社様からの立会業務の依頼はお断りしております。