相続の事例 Q&A

相続の手続は、被相続人や各相続人の事情により一つとして同じパターンのものはありません。以下は、代表的な困難事例やよくある質問などについて、Q&Aという形でなるべくわかりやすくお示したものです。

相続登記

  1. 相続人の中に未成年者がいる場合の相続登記
  2. 相続人の中に行方不明者がいる場合の相続登記
  3. 相続人の中に外国に住んでいる人がいる場合の相続登記
  4. 相続人の中に認知症の人がいる場合の相続登記
  5. 被相続人に前妻の子(又は認知した子)がいる場合の相続登記
  6. 子のいない夫婦の夫(又は妻)が亡くなった場合の相続登記
  7. 遺産分割のことで相続人間でもめている場合の相続登記
  8. 「Aに相続させる」と書かれた遺言がありますが、遺産分割をしてBに相続登記できますか?
  9. 相続登記をせずにそのままにしておくとどうなりますか?(対抗問題)
  10. 祖父名義の不動産の相続登記についての質問
  11. 行政書士に相続登記を頼むことはできるのですか?
  12. 司法書士に頼まないで自分で相続登記をすることはできますか?
  13. 相続登記の義務化について教えてください
  14. 申請書以外の書類を自分で作成すれば相続登記は安くしてもらえますか?
  15. 相続登記にあたっての一人遺産分割協議の可否についての質問
  16. 農地の相続登記に農業委員会の許可は必要ですか?

相続登記以外の登記

  1. 配偶者居住権の設定登記について教えてください
  2. 遺贈の登記は相続登記のように単独申請できますか?
  3. 相続発生後に弁済した債務に係る抵当権の登記の抹消についての質問
  4. 相続した不動産に買戻特約登記がありました。どうしたらよいですか?

その他

  1. マイナスの遺産(借金など)の方が多そうな場合はどうしたらよいですか?
  2. 遺産分割に期限はありますか?
  3. 不動産の所有権を放棄したり、市に寄付したりすることはできないのですか?
  4. 遺産の中に未登記の建物がある場合はどうしたらよいのですか?
  5. 立て替えた葬儀費用を今すぐに遺産の中からもらいたいのですが、どうしたらよいですか?