相続に関するQ&A

相続の手続は、被相続人や各相続人の事情により一つとして同じパターンのものはありません。以下は、代表的な困難事例などをQ&Aという形でお示したものです。

  1. 相続人の中に未成年者がいる場合の相続登記
  2. 相続人の中に行方不明者がいる場合の相続登記
  3. 相続人の中に外国に住んでいる人がいる場合の相続登記
  4. 相続人の中に認知症の人がいる場合の相続登記
  5. 被相続人に前妻の子(又は認知した子)がいる場合の相続登記
  6. マイナスの遺産(借金など)の方が多そうな場合はどうしらよいですか?
  7. 子のいない夫婦の夫(又は妻)が亡くなった場合の相続登記
  8. 遺産分割のことで相続人間でもめている場合の相続登記
  9. 年金を受け取っている人が亡くなった場合
  10. 遺言と異なる内容の遺産分割をして相続登記できますか?
  11. 相続登記をせずにそのままにしておくとどうなりますか?(現行法)
  12. 不動産が亡父のさらに前に亡くなった祖父の名義だった場合の相続登記
  13. 行政書士に相続登記を頼むことはできるのですか?

(掲載予定)14.司法書士に頼まないで自分で相続登記をすることはできますか?

(掲載予定)15.亡くなった父の預貯金が口座凍結されておろせなくて困っています

(掲載予定)16.遺産の中に未登記の不動産がある場合はどうしたらよいのですか?

(掲載予定)17.申請書以外の全部を自分で作成すれば相続登記業務は安くしてもらえますか?

(掲載予定)18.相続登記の義務化について教えてください

(掲載予定)19.不動産は所有権を放棄したり、市町村に寄付することはできないのですか?