不動産が亡父のさらに前に亡くなった祖父の名義だった場合の相続登記

父が亡くなりました。遺言書はありませんでした。相続人は母と私と私の弟です。私が父の遺産である不動産を取得する旨の遺産分割協議が終了し相続登記を行おうと思ったのですが、今まで父の名義だと思っていた不動産の登記名義人は、父の亡父、つまり私の祖父であることが判明しました。いったん祖父から父に相続登記してからでないと私の名義にすることはできないのしょうか? また、祖父の子である父の兄弟姉妹(私の叔母叔母)からも実印の押印をしてもらわないとだめなのでしょうか?

お祖父さんの名義の不動産を直接あなた名義にすることは可能です。また、叔父さん叔母さんから実印の押印をしてもらう必要はありません。

説明

例えば、Aに相続が発生してその遺産分割が未了のまま、相続人であるB(Aの子)が死亡した場合は、Bの相続人の一人であるC(Bの子)から、Cが不動産を相続したことを内容(最終的な遺産分割協議の結果のみ記載)とする遺産分割協議書を添付して相続登記をすることは可能です。中間の相続が単独(B)で行われた場合は、相続登記を1件の申請で行うことができます。

また、Aに子がいる場合は、その相続人は配偶者と子ですので、Aの子(Bの兄弟姉妹)は相続人ではありません。