お気軽にお問い合わせください
電話番号 0942-39-2265

お問い合わせメールフォーム

相続発生後に弁済した債務に係る抵当権の登記の抹消

Q

父が死亡した後、相続人である私が債務を全額返済したのですが、遺産分割が未了であるため、その債務が担保されている不動産について、まだ相続登記をしていません。先にその不動産に設定されている抵当権の登記を抹消しておくことはできますか?

A

登記は、実体上の権利移動を反映したものでなければならず、中間の登記を省略することはできません。ですので、①抵当権設定者(不動産の登記名義人)の死亡、②債務の弁済・抵当権の消滅の順の場合は、登記も①相続登記、②抵当権の登記の抹消の順で申請する必要があります。

解説

抵当権設定者の死亡後に抵当権が消滅した場合における抵当権の抹消は、設定者についての相続登記を経由しなければ申請することはできません(登記研究564号)。

補足

事例のケースに対して、抵当権設定者の死亡前に抵当権が消滅していた場合は、相続登記の前後を問わず抵当権の登記を抹消抵当権の登記を抹消することができます。

参考
抵当権抹消登記
「抵当権抹消登記」とは、不動産(土地、建物など)に設定された抵当権の登記を消す不動産登記法の手続のことです。 抵当権とは、金融機関は住宅ローンなどを貸す際に、借主からローンの回収ができないときのために、不動産を担保としてとりますが、そ...