お気軽にお問い合わせください
電話番号 0942-39-2265

お問い合わせメールフォーム

相続登記の義務化

Q

最近よく耳にする相続登記の義務化って何ですか?

A

令和3年4月21日に民法等の一部を改正する法律が成立し、令和3年4月28日に公布されました。この法律は所有者が分からない土地の問題を解消するためのもので、新不動産登記法には、いわゆる「相続登記の義務化」の規定が盛り込まれています。

「不動産の所有権の登記名義人が亡くなった場合、その相続によって不動産の所有権を取得した相続人は、自己のために相続の開始があったことを知り、かつ、当該所有権を取得したことを知った日から3年以内に、相続登記の申請をしなければならない。」というものです。

この民法等の一部を改正する法律の施行期日は、令和5年4月1日(相続登記の申請の義務化関係の改正については令和6年4月1日、住所等変更登記の申請の義務化関係の改正については公布後5年以内の政令で定める日)とされています。

↓ でもう少し詳しく説明していますので、ご参照ください。

相続登記(相続による不動産の名義変更)
相続登記とは 不動産の所有者が亡くなったことで発生する相続を登記原因とする、相続人への当該不動産の所有権移転登記のことです。登記所(法務局)に申請して行います。所有権移転登記は、一般的には不動産の名義変更と呼ばれています。 種類 相続...
参考
未来につなぐ相続登記