遺産分割に期限はありますか?

Q

遺産分割協議がなかなかできません。遺産分割に期限はありますか?

A

現行の民法には、相続が開始してもその被相続人の遺産の分割の期限に関する規定はありません。

補足

令和3年4月21日に成立し、令和3年4月28日に公布された民法等の一部を改正する法律では、相続の開始から10年を経過した後にする遺産の分割については、一定の場合(※)を除いて、特別受益(民法第903条、第904条)及び寄与分(民法第904条の2)の規定の適用が制限されるようになります。

※ 一定の場合とは、①相続開始から10年を経過する前に、相続人が家庭裁判所に遺産の分割の請求をしたとき、②相続開始の時から始まる10年の期間の満了前6か月以内の間に、遺産の分割を請求することができないやむを得ない事由が相続人にあった場合において、その事由が消滅した時から6か月を経過する前に、当該相続人が家庭裁判所に遺産分割したときです。

これは、相続の開始から10年を経過することで遺産分割自体ができなくなるというものではなく、遺産分割をする際に特別受益及び寄与分を参酌する必要がなくなるというものです。改正法が施行されても遺産分割自体に期限は設定されません。

この民法等の一部を改正する法律の施行期日は、一部を除き公布後2年以内の政令で定める日とされています。