立て替えた葬儀費用を今すぐに遺産の中からもらいたいのですが、どうしたらよいですか?

Q

父の葬儀費用を立て替えました。集まった相続人で遺産の中からその分を返してもらうことになりましたが、数年前から私の一番下の弟が行方が不明でその印鑑証明書がないために、銀行からは預金の解約ができないと言われました。その立替金を今すぐ回収したいのですが、どうしたらよいですか?

A

民法には、相続された預貯金債権の払戻しを認める制度がありますので、金融機関でその制度を利用して遺産である預貯金の仮払いを受けるとよいでしょう。

この制度を利用すれば、遺産分割協議が未了でも(印鑑証明書を提出しない相続人がいても)一定の金額を払い戻すことができます。

補足
民法(抄)
(遺産の分割前における預貯金債権の行使)
第909条の2 各共同相続人は、遺産に属する預貯金債権のうち相続開始の時の債権額の3分の1に第900条及び第901条の規定により算定した当該共同相続人の相続分を乗じた額(標準的な当面の必要生計費、平均的な葬式の費用の額その他の事情を勘案して預貯金債権の債務者ごとに法務省令で定める額を限度とする。)については、単独でその権利を行使することができる。この場合において、当該権利の行使をした預貯金債権については、当該共同相続人が遺産の一部の分割によりこれを取得したものとみなす。
払い戻しできる金額の計算は以下のとおりです。
相続開始時の預貯金債権の額(口座基準))×1/3×(当該払戻しを行う共同相続人の法定相続分)=単独で払戻しをすることができる額
※ただし、1 つの金融機関から払戻しが受けられるのは150万円まで。
注意

この制度は、金融機関の実務的には相続人全員の印鑑証明書までは不要というものですので、戸籍等は通常の相続による預貯金の解約と同様に必要となります。

この場合、法定相続情報証明制度を利用すると、後々の他の手続においても便利になると考えられます。