お気軽にお問い合わせください
電話番号 0942-39-2265

お問い合わせメールフォーム

法定相続人と法定相続分の割合

Q1

法定相続人について教えてください。

A1
  1. 被相続人の「子及びその代襲者」。 ※代襲相続については こちら をご参照ください。
  2. 子及びその代襲者がいない場合には、被相続人の「直系尊属」。ただし、親等が異なる者の間では、近い者が優先します(例えば、父母と祖父母が健在であれば父母が相続人となります。)。
  3. 子及びその代襲者も直系尊属もいない場合には、「兄弟姉妹」。
  4. 被相続人の「配偶者」は常に相続人となります。前記1.~3.の者がいる場合はその者と同順位となります。

(民法第887条・第889条・第890条)

Q2

同順位の相続人が数人いる場合の法定相続分の割合を教えてください。

A2

本来は、被相続人の意思によって遺言で相続分を指定(指定相続分)がなされるべきものですが(民法第902条)、実際にはそのような場合はあまり多くなく、それを補完する形で民法に以下のとおりの法定相続分の割合が定められています(民法第900条・第901条)。

  1. 子及び配偶者」が相続人であるときは、各2分の1
  2. 配偶者及び直系尊属」が相続人であるときは、配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1
  3. 「配偶者及び兄弟姉妹」が相続人であるときは、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1
  4. 子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は当該数人で等分します。ただし、父母の一方のみが同じである兄弟姉妹の相続分は、父母の双方が同じである兄弟姉妹の相続分の2分の1となります。
  5. 代襲相続人」の相続分は、亡くなった被代襲者(例えば、被相続人の子であり代襲者の父など。)と同じです。代襲相続人が数人あるときは、各自の相続分は当該数人で等分します。

※ 非嫡出子の法定相続分を嫡出子の2分の1とする民法の規定は削除され、その改正民法が平成25年12月11日に施行されています。