お気軽にお問い合わせください
電話番号 0942-39-2265

お問い合わせメールフォーム

代襲相続と数次相続

Q1

代襲相続とは何ですか?

A2

代襲相続とは、被相続人の子が、

  1. 相続の開始以前(同時死亡も含む。)に死亡しとき
  2. 相続人の欠格事由の規定に該当し、相続権を失ったとき
  3. 廃除によって相続権を失ったとき

(以上の1.~3.を「代襲原因」といいます。以下同じ。)にその者の子が代わりに相続人となることをいいます(民法第887条第2項本文)。被相続人より先に死亡した子の子(被相続人の孫)が代表的ケースです。なお、相続放棄は代襲原因に含まれません。

被相続人の直系卑属でない子(縁組前に生まれていた養子の子)には、代襲相続権はありません(民法第887条第2項ただし書)。

直系尊属と配偶者には、代襲相続という概念はありません。

被相続人の子に代襲原因が発生した場合は、孫の子(ひ孫)が代襲相続人となり(以下「再代襲」といいます。)、これを繰り返します(再々代襲など、民法第887条第3項)。兄弟姉妹の子にも代襲相続権がありますが(民法第889条第2項)、兄弟姉妹の子の子には再代襲相続権がありません(民法第887条第3項を準用しない)。

Q2

数次相続とは何ですか?

A2

数次相続とは、被相続人の次にその相続人である子が死亡するなど、代襲相続ではない被相続人・相続人間における2回以上の相続のことです。実務上の便宜のための用語であり、法律用語ではありません。

Q3

相続の手続等において違いはありますか?

A3

被相続人Aに子B、Bに配偶者Cと子Dがいたとします。

  1. Aが死亡する前にBが死亡していれば代襲相続となり、Dが代襲相続人になります。
  2. Aが死亡して次いでBが死亡すれば数次相続となり、Aの遺産をBが相続し、Aの遺産を含むBの遺産をCとDが相続します。

相続登記においては、上記1.の場合は、A→Dへの直接の所有権移転登記となります。上記2の場合も中間者が1名なので1申請で登記申請することはできますが、登記の申請構造上は、A→B→C・D(又はCかDのどちらか一方)(登記の原因は「年月日B相続、年月日相続」)となります。