お気軽にお問い合わせください
電話番号 0942-39-2265

お問い合わせメールフォーム

相続するものとしないもの

相続するものとしないものについて教えてください。

被相続人の財産に属した一切の権利義務が相続人に承継されます。ただし、被相続人の一身に専属したものは、承継されません(民法第896条)。

判断に迷ってしまうような具体的なケースについては、規定や判例によると以下のとおりとなっています(主なもの)。

相続するもの

  • 占有権
  • 相続前に既に発生していた特定の保証債務
  • 不法行為による損害賠償請求権(生命侵害による財産的損害(逸失利益)、生命侵害による慰謝料請求権など)

相続しないもの

  • 一身専属権(委任契約上の権利義務、扶養義務の内容が未確定で履行期未到来の扶養請求権、根保証契約の保証人の地位など)
  • 身元保証
  • 死亡退職金(ただし、税務上は「みなし相続財産」)
  • 生命保険金(ただし、税務上は「みなし相続財産」)
  • 祭祀に関する権利(系譜、祭具及び墳墓の所有権、民法第897条)