お気軽にお問い合わせください
電話番号 0942-39-2265

お問い合わせメールフォーム

親族の範囲

親族の範囲を教えてください。

民法の規定による親族の範囲は、

  • 6親等内の血族
  • 配偶者
  • 3親等内の姻族

です(民法第725条)。

血族には、自然の親子や兄弟姉妹などの血のつながりである法定血族と養子縁組による法定血族があります。

姻族には、法律上の婚姻関係にある相手方(配偶者)の血族と自己の血族の配偶者がそれに該当します。

親等は、親族間の世代数で数えます。傍系親族(兄弟姉妹、おば・おじなど)の親等の数え方は、その1人又はその配偶者から同一の祖先にさかのぼり、その祖先から他の1人に下るまでの世代数によります(民法第726条)。

具体的には、(血族の場合は)自分からみて

  • 1親等は、父、母、子
  • 2親等は、兄弟姉妹、祖父、祖母、孫です。
  • 3親等は、曽祖父、曽祖母、曾孫、伯父(叔父)、伯母(叔母)、甥、姪
  • 4親等は、高祖父、高祖母、玄孫、従兄弟、従姉妹

です。

ちなみに、2親等内姻族の配偶者(例:自分の妻の姉の夫)は、法律上の親族ではないということになります。