マイナスの遺産(借金など)の方が多そうな場合

マイナスの遺産(借金など)の方が多そうな場合

質 問:
父が突然亡くなりました。母はその前になくなっており、私には他に兄弟が2人います。また、父の両親(私の祖父母)はだいぶ前に亡くなっていて父に兄弟はいません。父は生前賃貸アパートで暮らしており、財産と呼べるようなものは自動車くらいです。逆に私達には返済できないような多額の借金を残して亡くなったのですが、この借金はどうなるのでしょうか?

”記事を読む”

回 答:
あなた方ご兄弟は父様の相続人ですので、現預金や自動車、アパートの賃借権などのプラスの財産だけでなく、借金のようなマイナスの財産も引き継ぐことになります。

解決策:
相続開始があったことを知ってから3ヶ月以内であれば、家庭裁判所に「相続放棄」の申立てをすることができます。お父様の住んでいた地域を管轄する家庭裁判所に申し立てることになります。この場合、他の兄弟2人も相続放棄した方がよいでしょう。

補 足:
相続放棄は相続人ではなくなる制度です。そのため、相続放棄をするとプラスの財産も引き継ぐことができなくなります。
また、仮に3ヶ月経過後であっても、その3ヶ月の熟慮期間の起算点は事案によって異なるので、相続放棄が認められる場合があります。ただし、その際は自分で判断せずに、弁護士や司法書士に相談した方がよいでしょう。

”記事を閉じる”