お気軽にお問い合わせください
電話番号 0942-39-2265

お問い合わせメールフォーム

相続人の中に外国に住んでいる人がいる場合の相続登記

Q

母は父よりも先に亡くなっています。父が亡くなり、相続人は私と弟で、父の遺産中の不動産は私が取得することに決定しました。ただ、弟は海外赴任で外国に住んでいて、日本に住民登録がないので印鑑登録もありません。遺産分割協議書には実印の押印と印鑑証明書の添付をしないと相続登記ができないと聞きました。この場合はどうしたらよいでしょうか。

A

弟さんに遺産分割協議書に署名してもらうとともに、弟さんのいる国の日本大使館又は領事館で署名証明書(サイン証明書)を取得してもらい、送付してもらうことにより有効な遺産分割協議書とすることができます。

補足

遺産分割協議の結果、弟さんが不動作を取得することとなった場合は、弟さんの住民票の代わりとなる在留証明書も必要となります。

参考
法務省:外国に居住しているため印鑑証明書を取得することができない場合の取扱いについて
法務省ホームページです。
在外公館における証明
相続登記(相続による不動産の名義変更)
相続登記とは 不動産の所有者が亡くなったことで発生する相続を登記原因とする、相続人への当該不動産の所有権移転登記のことです。登記所(法務局)に申請して行います。所有権移転登記は、一般的には不動産の名義変更と呼ばれています。 種類 相続...
未来につなぐ相続登記