コラム

法務局

法務局の登記手続案内を利用できない人(お知らせ)

法務局の登記手続案内は、以下の人は利用できません。 弁護士、司法書士、土地家屋調査士、それらの補助者・・・照会票をFAXしましょう。 自治体職員・・・照会票をFAXしましょう。 自己の依頼者・相談者から頼まれた税理士、行政書士、不動産業者、...
戸籍・住民票・親族

戸籍の第三者請求

法務局に相続登記の申請をするために戸籍を集めていて、市町村役場に同じ相続人である兄弟姉妹の現在戸籍抄本を請求しようとした際に、担当者から、「戸籍は本人若しくは配偶者又は本人の直系卑属・直系卑属しか取得できないので、その兄弟姉妹からの委任状を...
司法書士

司法書士報酬は「噂(うわさ)」ほど高くはないと思いますよ!

相続登記を司法書士に依頼すると50万円とか100万円取られる 💢」と知り合いが言っていた。      誤解です! 当人が「取られた」「かかった」わけではなく、「そう聞いたことがある」というところがミソです。 なぜか本当によく聞く話です。繰り...
司法書士

相続登記の依頼は「直接」司法書士へ

不動産の権利(※)に関する登記手続は司法書士の業務であり、司法書士は、国から法律により業務独占の資格が与えられています。 ※不動産の表示に関する登記手続は土地家屋調査士の独占業務です。 不動産に権利を取得した本人が自分で登記申請をすることが...
戸籍・住民票・親族

令和6年3月1日から戸籍の制度が利用しやすくなります。

法務省の広報の丸投げ投稿で申し訳ありませんが、取り急ぎ。 ちなみに司法書士の戸籍取得作業においてはまったく変わるところはありません。 また、相続登記等のご依頼の際に「やっぱり面倒なことには変わりないよねー」というご依頼者様も多くいらっしゃる...