住所変更登記

不動産登記

抵当権抹消登記の前提としての住所変更登記の要否

抵当権設定者(不動産の所有権登記名義人)に住所移転があった場合 抵当権抹消登記は、融資(借り入れ)の「弁済」や金融機関による抵当権設定契約の「解除」や「放棄」によって、抵当権が消滅した際に行う当該抵当権の登記を消すための手続です。 ...
不動産登記

相続登記の前提としての住所変更登記とは

相続登記(相続による不動産の名義変更・所有権移転登記)においては、売買や贈与の所有権移転登記の登記義務者と異なり、被相続人の亡くなった時の住所が登記記録上の住所から住所移転によって変わっていたとしても、その前提として所有権移転登記名義人住所...