お気軽にお問い合わせください
電話番号 0942-39-2265

お問い合わせメールフォーム
相続

相続した取り壊し予定の建物

相続発生(建物の所有者が死亡) 建物は取り壊し予定 相続人は3人 このケースでは、相続登記をしなければならないようにも思えますが、実際に取り壊した後に相続人3人のうちの1人からの申請により、建物の滅失登記をすること...
相続

相続財産管理人と遺産分割協議

家庭裁判所に選任された財産管理人が遺産分割協議に参加するケースとしては、相続人の中に行方不明者がいる場合に、利害関係人である相続人が家庭裁判所に不在者財産管理人の選任の申立てを行い、選任された不在者財産管理人が、家庭裁判所から権限外行為許可...
関連税制

そういえば遺産分割協議書に収入印紙は?

文書を多く作成する司法書士のような士業に限らず、会社員の人でも事務職や営業職ですと印紙をよく扱いますよね。 以下の例のようにさまざまな「文書」に課税されるのが印紙税です。 不動産売買契約書、土地賃貸借契約書、金銭消費貸借契約書、...
司法書士

登記の依頼は直接司法書士へ

不動産の権利(※)に関する登記手続は司法書士の業務であり、司法書士は、国から法律をもって業務独占の資格を与えられています。 ※不動産の表示に関する登記手続は土地家屋調査士の独占業務です。 不動産に権利を取得した本人が自分で登記申...
その他

婚氏続称を選択した場合の2度目の離婚の際の復氏

婚姻の際に氏(姓、苗字)を改めた夫又は妻が離婚すると、婚姻前の氏(いわゆる旧姓)に戻ります。これを離婚による「復氏」といいます。 その夫又は妻は、離婚の日から3か月以内であれば、届出によって離婚の際に称していた氏を称することができます...