お問い合わせ・ご依頼(24時間)
メール
相続登記のその他

お父さんが亡くなってから家や田んぼの名義変更をしましたか?

令和6年4月1日から相続登記が義務化されます。 詳しくはこちら↓ 「相続登記」と言ってもよくわかりませんよね。 要するに、相続を原因とする所有権移転登記(不動産の名義変更)の義務化です。 もっと簡単に...
不動産登記

登記済証を紛失したのですが、どうしたらよいですか?(事前通知)

質問 長男に土地を贈与しようと考えていますが、その土地を含む登記済証が見当たりません。おそらく紛失してしまったのだと思います。不動産登記の手続はどうなりますか? 回答 法務局の「事前通知」制度という登記識別情報(又は登記済証)の提供の...
相続登記業務のよくある質問

そもそも司法書士に相続登記を「頼む」「依頼する」とはどういうことですか?

質問 そもそも司法書士に相続登記を「頼む」とか「依頼する」とはどういうことですか? 法務局の登記手続案内で申請書のひな形をもらってやり方を聞いた上で自分で申請することとどう違うのですか? 回答 司法書士に相続登記を「頼む」「依頼する」...
相続登記のその他

相続登記において共有名義にすることの問題点

相続登記をする際に、法定相続分又は遺産分割に基づいて任意の割合で共有名義にすることについては、問題点(デメリット)があります。そのことに留意したの上で遺産分割協議を行う必要があります。 なお、メリットはないと言っても良いと考えられます...
不動産登記

遺贈を原因とする所有権移転登記における遺言執行者がいる場合といない場合の違い

遺贈を原因とする所有権移転登記は、遺言執行者がいる場合といない場合とで以下の違い(朱書き)があります。 遺言執行者がいないと登記手続に遺言者の相続人全員の関与が必要となり、場合によってはスムーズに申請することができなくなります。受遺者...