法務局

なぜ法務局は登記申請書等の具体的な書き方を教えたり事前チェックをしてくれないのか?

昔に比べ、インターネット上での情報や関連書籍が多く出ており、登記申請を自分自身で行う、いわゆる本人申請が増えつつあるようです。 また、お金を払って司法書士や土地家屋調査士に依頼したくないという方もいらっしゃると思います。 ※「法務局に行きさ...
ブログ

某抹消登記申請の登記義務者側の書類不備の話(私がみた夢)

🐼フィクションです。☁️私の空想です。🌛✨夢の中のことかもしれません。 書面自体の日付、宛名、設定契約の表示、抵当権の表示(設定登記の管轄・受付年月日・受付番号)、不動産の表示 の全てが空欄で文面上抹消原因及びその日付も読み取れない解除(又...
司法書士

登記や司法書士業務に関する誤解

業務の依頼に関する誤解・・・結構ありますよ。 以下、「ありません」「できません」ばかりで大変恐縮でございます。 「名義変更」「名義の書き換え」という登記の目的や登記原因はありません。 登記関係者以外のほとんどの方が使う単語「名義変更」は、正...
戸籍・住民票・親族

「最後の住所」って何? 相続手続の書類には必ず記載が必要なの?

ウェブの相続手続に関する解説や記事などでよく見かける「最後の住所」ってなんでしょうか? 法律用語ではなさそうですし、辞書にも載っていないような気がします。 前からそうだから、とか、みんなそう書いているからとか、機械的に書くことが多いような気...
相続

相続人ではないのに家庭裁判所で相続放棄と同じ手続が必要?

包括遺贈とは・・・遺産の全部あるいは何分の1という形でされるもの(有斐閣「法律学小辞典」)です。 民法(抜粋) 第九百六十四条 遺言者は、包括又は特定の名義で、その財産の全部又は一部を処分することができる。 そして、包括遺贈には相続人に関す...